HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SR0002_119- 142.pdf135KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :18世紀イギリスに於ける動物への道徳的配慮 : 現代の動物倫理との関係を探る
著者 :藤井, 可
刊行年月日 :2007-3
収録雑誌名 :先端倫理研究
巻 :2
開始ページ :119
終了ページ :142
要約(Abstract) :本稿は、現代の動物倫理議論の源泉であると考えられる、18世紀イギリスに於ける議論を辿っていくことによって「18世紀の議論と現代の議論との共通要素」、「18世紀の議論の中に見出される現代の議論の雛型」、「18世紀の議論から汲むべき、現代に欠けている要素」という三点をつまびらかにすることを目的としている。
収録種別 :紀要論文
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/3381
出現コレクション:先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/3381

 

熊本大学附属図書館電子情報担当