HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Education >
Journal of the Kumamoto Geoscience Association >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
KC0170_006-009.pdf1595KbAdobe PDFView/Open
Title :平成27年度第1回巡検会「御船層群の層序と化石」報告
Authors :伊勢崎, 文
Issue Date :29-Feb-2016
Citation jtitle :熊本地学会誌
vol. :170
start page :6
end page :9
Abstract :御船層群は、上部白亜系として国内で最も豊富に陸生脊椎動物化石を産出する地層としてよく知られている。この御船層群を基底層、下部層、上部層の順に3地点を観測することを通して、その層序と構造を大局的に理解することを目的とした熊本地学会平成27年第1回巡検会が2015年4月29日に実施された。本巡検会の案内者は御船町恐竜博物館の池上直樹主任学芸員であった。本稿では、この巡検会の概要を報告するとともに、観察地点の地質について紹介する。
Type Local :紀要論文
ISSN :03891631
Publisher :熊本大学
Comment :【著者所属】熊本大学教育学部学部生
URI :http://hdl.handle.net/2298/36003
Appears in Collections:Journal of the Kumamoto Geoscience Association
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/36003