HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
工学 >
発表論文(工学系) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
AIJ_546_31-36.pdf1017KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :円筒表面に知覚される明暗の境界 : 窓際での人の顔のモデリングに関する研究 その4
著者 :村上, 泰浩
小林, 朝人
矢野, 隆
刊行年月日 :2001-8-30
収録雑誌名 :日本建築学会計画系論文集
巻 :546
開始ページ :31
終了ページ :36
要約(Abstract) :The proportion of the light and shade areas of the face is very important when the modelling is evaluated. It is necessary to investigate the features of the boundary between perceived light and shade areas and the relationship between the boundary position and the luminous quantities. An experiment was carried out in which the subjects judged the boundary position of the light and shade areas on a cylinder illuminated from one direction. It was found that the observation position (angle) and the cylindrical size did not affect the boundary position perceived on the cylinder surface. The angle at which the boundary was found was consistent with that showing the largest ratio of luminance at successive two points on the cylinder surface.
URL :http://ci.nii.ac.jp/naid/110004657901
収録種別 :雑誌掲載論文
ISSN :13404210
出版社(者) :一般社団法人 日本建築学会
権利(Rights) :© 2001 日本建築学会
備考 :本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである。
『窓際での人の顔のモデリングに関する研究その1』は日本建築学会計画系論文集第460号に掲載されています。関連を参照(36441)
『窓際での人の顔のモデリングに関する研究その2』は日本建築学会計画系論文集第515号に掲載されています。関連を参照(36462)
『窓際での人の顔のモデリングに関する研究その3』は日本建築学会計画系論文集第536号に掲載されています。関連を参照(36481)
『窓際での人の顔のモデリングに関する研究その5』は日本建築学会環境系論文集第587号に掲載されています。関連を参照(36483)
URI :http://hdl.handle.net/2298/36482
関連 :http://hdl.handle.net/2298/36441
http://hdl.handle.net/2298/36462
http://hdl.handle.net/2298/36481
http://hdl.handle.net/2298/36483
出現コレクション:発表論文(工学系)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/36482

 

熊本大学附属図書館電子情報担当