HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
工学 >
発表論文(工学系) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
AIJ_585_1-6.pdf979KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :構造方程式モデルによる鉄道騒音と道路交通騒音に対する社会反応構造の比較
著者 :森原, 崇
佐藤, 哲身
矢野, 隆
刊行年月日 :2004-11-30
収録雑誌名 :日本建築学会環境系論文集
巻 :585
開始ページ :1
終了ページ :6
要約(Abstract) :The purpose of the present study is to investigate the structures of annoyance reactions caused by railway and road traffic noises. The result showed that personal sensitivity had the strongest effect in both noise sources. Railway noise annoyance was affected mainly by listening disturbances and LAeq, 24h, while road traffic noise annoyance was affected evenly by activity disturbances. There was no difference in reaction structure of both noises between Hokkaido and Kyushu. The distance from noise sources to houses influenced the reaction structure of railway noise significantly, whereas no significant influence was found in that of road traffic noise.
URL :http://ci.nii.ac.jp/naid/110004083898
収録種別 :雑誌掲載論文
ISSN :13480685
出版社(者) :一般社団法人 日本建築学会
権利(Rights) :© 2004 日本建築学会
備考 :本文データは学協会の許諾に基づきCiNiiから複製したものである。
URI :http://hdl.handle.net/2298/36501
出現コレクション:発表論文(工学系)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/36501

 

熊本大学附属図書館電子情報担当