HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
社会文化科学研究科 >
熊本大学社会文化研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SB0015_071-084.pdf514KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :《醒世姻縁伝》の非親族への親族呼称語についての考察 : “大嫂”と“奶奶”を例として
著者 :王, 姝茵
刊行年月日 :2017-3-25
収録雑誌名 :熊本大学社会文化研究
巻 :15
開始ページ :71
終了ページ :84
要約(Abstract) :《醒世姻縁伝》(西周生、清初)(略称《醒》。以下同じ)において、様々な非親族を呼称する時、親族呼称語が使われる。親族呼称語は、普通は呼称される相手との親族関係を指示する以外に、相手の性別、年齢(ここでは、中国語の”年龄”、“辈分”という二つの意味を指す)と年長者への尊敬などを表す意味機能もある。しかし、≪醒≫で、それらの親族呼称語は非親族の人への呼称語として使われる時、上記の意味機能と同じであるのか。差異があるのか。もしあるとすれば、それは何なのか。本稿は“大嫂”と“奶奶”を例としてこの問題を検討する。その研究をもって、近世漢語の研究及び中国の白話小説を日本語に翻訳する仕事に一つの手がかりを提出する。
“XingshiYinyuanZhuan”, the Chinese novel in 17th century, (abbreviate to “xing”, similarly hereinafter), when a variety of non-relatives are addressed, names of relatives are used. This report will study these names of relatives addressed to non-relatives in “xing”. As names of relatives, in addition to demonstrate the relationship of speaker and the addressed one, they can also demonstrate sex, age (in this report, the “age” means age and the status of a generation in Chinese) and regard to the elder. However, in “xing”, when they are used to call the non-relatives, is the meaning of those names of relatives still the same? If there is a difference, what is it? This paper will consider this issue by analysing “dasao” and “nainai”, which is the typical names of relatives addressed non-relatives in “xing”
収録種別 :紀要論文
ISSN :1348530X
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/36744
出現コレクション:熊本大学社会文化研究
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/36744

 

熊本大学附属図書館電子情報担当