HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
社会文化科学研究科 >
熊本大学社会文化研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SB0015_105-121.pdf346KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :中国語を母語とする日本語学習者の受身文の誤用分析 : 作文コーパスをデータとして
著者 :王, 辰寧
刊行年月日 :2017-3-25
収録雑誌名 :熊本大学社会文化研究
巻 :15
開始ページ :105
終了ページ :121
要約(Abstract) :日本語の受身文には、直接受身文、間接受身文、持ち主の受身文など、複数のタイプがあり、また、主語が有情物(人)になるケースと非情物(無生物)になるケースがあるなど、多様な形式が存在する。このような日本語の受身文を、日本語学習者が産出する際には、様々なパターンの誤用が生じることが予測される。これまで受身文の習得を扱った研究は多数あるが、中国語を母語とする日本語学習者の受身文の誤用に関する研究は未だ十分に行われているとは言いがたい。そこで、本稿では、『YUKタグ付き中国語母語話者日本語学習者作文コーパス2015』Ver.5を用いて、中国語を母語とする日本語学習者の受身文の誤用を調査・分析し、誤用の数、そのパターンおよび誤用の原因の3点を明らかにしていく。
The paper investigates the errors in Japanese passive sentences produced by Chinese native speakers studying Japanese, using the 'YUK corpus of Japanese essays by Chinese native speakers studying Japanese with tags 2015' Ver.5. In particular, this research focuses on errors involving the passive marker '- (r)are-ru'. Analysed are 1)the number of errors, 2)the patterns of errors and, 3)the causes of the errors. The results from the survey and analysis are as follows. A) the 4 patterns of learners' errors can be described as 'deficiency', 'overuse', 'mixed with other expressions' and 'the other errors'. B) the most common error category is that of 'overuse' and 'deficiency'. C) the reason for the error of 'overuse' is that of insufficient comprehension of the Japanese passive construction and interference from the learner's native language (Chinese).
収録種別 :紀要論文
ISSN :1348530X
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/36746
出現コレクション:熊本大学社会文化研究
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/36746

 

熊本大学附属図書館電子情報担当