HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
社会文化科学研究科 >
熊本大学社会文化研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SB0015_318-305.pdf468KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :『方丈記』冒頭対句考 : 死と生と
著者 :伊﨑, 久美
刊行年月日 :2017-3-25
収録雑誌名 :熊本大学社会文化研究
巻 :15
開始ページ :318
終了ページ :305
要約(Abstract) :ユク河ノナカレハタエスシテ シカモゝトノ水ニアラス ヨトミニウカフウタカタハ カツキエ カツムスヒテ ヒサシクトゝマリタルタメシナシ 世中ニアル人ト栖ト 又カクノコトシ 『方丈記』の有名な冒頭文である。冒頭第一文<ユク河-水>の叙述から、第二文を経て第三文<人と栖>の主題に移る。その後<人ノスマヒ><トコロモ-人モ><カリノヤトリ>の避板法で、この<人と栖>の主題は展開していく。冒頭第二文の、<ユク河>に浮かぶ<ウタカタ>が、何故<キエ-ムスヒテ>なのか、つまり<消滅-生成>の対偶について考察する。
収録種別 :紀要論文
ISSN :1348530X
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/36764
出現コレクション:熊本大学社会文化研究
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/36764

 

熊本大学附属図書館電子情報担当