HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
ありあけ : 熊本大学言語学論集 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KG0016_035-046.pdf860KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :ウェブと語彙集 : 朝鮮語濟州方言語彙研究の課題と展望
著者 :千田, 俊太郎
刊行年月日 :2017-3-31
収録雑誌名 :ありあけ 熊本大学言語学論集
巻 :16
開始ページ :35
終了ページ :46
要約(Abstract) :朝鮮語濟州方言(以下「濟州方言」あるいは「方言」)は本論で紹介する通り、すでに複數の辭書・語彙集が出版されてをり、最近はウェブ上に他言語對譯の辭書が發表されてゐる。語彙研究の積み重ねも、辭書編纂に關はつた研究者かつ母語話者によるものが多くあり、この分野に外國人研究者が分け入るすきは一見あまりなささうである。そのやうな中、意味分類を活用した新しい多言語對譯シソーラス(「デジタル博物館濟州方言對譯語彙集」)を編んでウェブ上に發表することにした(http: //kikigengo.jp/jeju/doku.php?id=exhibition:start)。これまでの濟州方言の辭書・語彙集の性格を振り返つて、新たな試みの意義を確認してみたい。以下、第2節では『濟州語辭典』と『濟州方言辭典』を中心にこれまでの辭典・語彙集の残した課題について見る。そのあと第3節で筆者が作成中のオンライン辭典の試みについて紹介し、その特徴を述べる。
URL :http://lg.let.kumamoto-u.ac.jp/misc.html
収録種別 :紀要論文
ISSN :21861439
出版社(者) :熊本大学文学部言語学研究室
備考 :【著者所属】京都大学大学院文学研究科
URI :http://hdl.handle.net/2298/36782
出現コレクション:ありあけ : 熊本大学言語学論集
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/36782

 

熊本大学附属図書館電子情報担当