HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
ありあけ : 熊本大学言語学論集 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KG0016_067-090.pdf310KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :中国語を母語とする日本語学習者の可能構文の誤用分析 : 作文コーパスをデータとして
著者 :王, 辰寧
刊行年月日 :2017-3-31
収録雑誌名 :ありあけ 熊本大学言語学論集
巻 :16
開始ページ :67
終了ページ :90
要約(Abstract) :日本語の可能構文における可能形式には、可能動詞、「動詞+助動詞(ラ)レル」、「動詞+ことができる」のように、さまざまなタイプがある。また、日本語の可能構文は、主語の有生性や動詞の意志性にも制約がある。さらに、述語動詞が他動詞の場合、格パターンが「ガ、ガ」構文と「ガ、ヲ」構文の二つの可能性を持っている。このように、日本語の可能構文は多様な形式や制約を伴うため、日本語学習者が産出する際には、様々なパターンの誤用が生じることが予測される。これまで、日本語の可能構文の習得や誤用の問題を扱った研究は多数あるが、中国語を母語とする日本語学習者の可能構文の誤用に関する研究は未だ十分に行われているとは言いがたい。そこで、本稿では、『YUKタグ付き中国語母語話者日本語学習者作文コーパス2015』Ver.5を用いて、中国語を母語とする日本語学習者の可能構文で見られる誤用を調査・分析し、誤用の数、ソノパターンおよび誤用の原因の3点を明らかにしていく。
URL :http://lg.let.kumamoto-u.ac.jp/misc.html
収録種別 :紀要論文
ISSN :21861439
出版社(者) :熊本大学文学部言語学研究室
備考 :【著者所属】熊本大学社会文化科学研究科院生
URI :http://hdl.handle.net/2298/36784
出現コレクション:ありあけ : 熊本大学言語学論集
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/36784

 

熊本大学附属図書館電子情報担当