HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SR0011_033-051.pdf457KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :バーナード・ウィリアムズの理由内在主義
著者 :中根, 杏樹
刊行年月日 :2017-3
収録雑誌名 :先端倫理研究
巻 :11
開始ページ :33
終了ページ :51
要約(Abstract) :The purpose of this paper is to examine why disagreement between the internalism and externalism of reasons occurs. The debate about internalism and externalism of reasons started with Bernard Williams in "Internal and external reasons" (1979). There have not, however, been enough discussion about why that disagreement occurs. Through focusing on the premises that appear in the Williams "explanatory argument" and examining these in detail, I conclude that they differ depending on whether the reason statement can be used in a "distinctive sense" or whether this is not admissible.
収録種別 :紀要論文
ISSN :18807879
出版社(者) :熊本大学
備考 :【著者所属】熊本大学文学部学生
URI :http://hdl.handle.net/2298/36903
出現コレクション:先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/36903

 

熊本大学附属図書館電子情報担当