HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
センター等 >
政策創造研究センター >
熊本大学政策研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KSK0008_001-018.pdf1755KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :水俣病発生地域における魚介類の漁、流通と摂食リスク研究
著者 :上野, 眞也
刊行年月日 :2017
収録雑誌名 :熊本大学政策研究
巻 :8
開始ページ :1
終了ページ :18
要約(Abstract) :本稿は、水俣病発生地域におけるメチル水銀曝露リスクを推計するための重要な要因となっている不知火海沿岸地域での漁業活動、魚介類の流通、住民の摂食リスクについて実証的な調査研究を行った結果の一部である。調査方法として熊本県及び鹿児島県の水俣病発生地域及びその周辺地域15ヶ所で、漁師や鮮魚仲買人、行商人、地域住民への聞き取りを行い、また水産業に関連する新たな史資料の探索を行った。そこから不知火海域における漁業、魚介類の流通、移入路の探索、及び食生活・魚介類の摂食頻度などメチル水銀曝露リスクを推計するための新たな知見を得た。
This study investigated the fishery, seafood distribution routes and meal pattern of people in Shranuikai area and surrounding areas where are suspected for Methyl-mercury exposure risk. Many new evidences which illustrate 1950s to 1980s living conditions in those areas were found that using interviews to fifteen fishermen, middlemen for seafood business, fish merchants and residents in mountainous areas near Minamata. New statistic document was also searched. Those findings indicate the concrete routes of seafood distribution in Shiranuikai areas and mountainous area, and types of seafood meal frequency in theses areas.
収録種別 :紀要論文
ISSN :2185985X
出版社(者) :熊本大学
備考 :【著者所属】政策創造研究教育センター
URI :http://hdl.handle.net/2298/37062
出現コレクション:熊本大学政策研究
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/37062

 

熊本大学附属図書館電子情報担当