HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
センター等 >
政策創造研究センター >
熊本大学政策研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KSK0008_019-026.pdf529KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :ふるさとの風景を物語るワークショップの学びに関する研究
著者 :田中, 尚人
竹長, 健斗
刊行年月日 :2017
収録雑誌名 :熊本大学政策研究
巻 :8
開始ページ :19
終了ページ :26
要約(Abstract) :三角西港は熊本県宇城市三角町に位置し、『明治の三大築港』の一つに数えられる土木遺産であり、平成27年7月『明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業』の資産として、ユネスコの世界文化遺産に登録された。本年度、筆者らは昨年度に引き続き、三角西港の風景を題材とする、宇城市立三角小学校の6年生を対象とした地域学習のWSを実施した。本研究では、文化的景観保全に対する理解を基盤としたワークショップを通じて、児童たちが獲得した学びについて定性的に分析することを目的とする。具体的に各ワークショップでは、①三角西港の特異点を見つける、②三角西港の物語を紡ぐ、③三角西港の価値を語る、の3つの視点に着目して、小学生の学びを分析した。
The Misumi-nishi port is located in Misumi town, Uki city, Kumamoto prefecture. This old stone port is one of "Meiji three important port" and was selected as the UNESCO's world heritage "Sites of Japan's Meiji Industrial Revolution: Iron and Steel, Shipbuilding and Coal Mining". In this year, the authors carried out workshops for the preservation of cultural landscape and community development in the Misumi-nishi port as the regional study with students who are sixth grader of Misumi Elementary School, three times. In this study, it is aimed to analyze qualitatively about the indigenous knowledge and experiences that children acquired through the workshop which assumed understanding for the cultural landscape preservation. Actually, each workshop have a theme such as, i)Discover the singular point of the Misumi-nishi port, ii)Making the story of town walk (Machi-aruki) in the Misumi-nishi port and iii)Talking the value of the Misumi-nishi port.
収録種別 :紀要論文
ISSN :2185985X
出版社(者) :熊本大学
備考 :【著者所属】田中尚人:熊本大学政策創造研究教育センター / 竹長健斗:熊本大学工学部
URI :http://hdl.handle.net/2298/37063
出現コレクション:熊本大学政策研究
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/37063

 

熊本大学附属図書館電子情報担当