HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
センター等 >
政策創造研究センター >
熊本大学政策研究 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KSK0008_027-039.pdf429KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :働きざかり層の食行動関連要因の分析
著者 :河村, 洋子
刊行年月日 :2017
収録雑誌名 :熊本大学政策研究
巻 :8
開始ページ :27
終了ページ :39
要約(Abstract) :健康関連行動を促す際に、社会環境要因への配慮が特に重要であると思われる若年から壮年期の働きざかり層の、社会的役割や関連する生活状況と食に関する行動(食行動)における関係性に関する定量的な検証によるエビデンスが少ない。そこで、日常生活を形成する個人の基本属性変数と食行動の関連を検証する二次データを用いた統計分析を行った。分析の結果から、定期的な朝食摂取とバランスのとれた食事の実践は、女性で年齢は高め、そしてくらしのゆとりがある(と感じている)ことと関連していた。さらに、孤食をしないことは、子どもとの同居、居住地域との関連性が確認できた。さらに、居住地域の規模も望ましい食行動の実践数と関連しているという結果であった。これらの結果を考察し、働きざかり層に対する食行動を含む健康関連行動を促すアプローチについて提案を試みた。
This study focused on the working generation of the people in Japan, to whom environmental factors are most important to promote their health behaviors and practices. Based on the assumption especially dietary practices are necessary to live lives in the daily routine, I conducted secondary data analyses to assess which demographic factors that represent individuals' social roles and depict their daily lives were associated with a few dietary practices. The results showed that desired dietary practices were seen more among women, older people, and people who perceived sufficiency in daily lives, that living with children and the areas of living were associated with not eating alone every meal, and that the size of residential municipalities was the number of desired dietary practices were being practiced. After discussing the results, a few proposals on how to approach to the working generation to promote health behaviors including dietary practices were made.
収録種別 :紀要論文
ISSN :498.5
出版社(者) :熊本大学
備考 :【著者所属】熊本大学政策創造研究教育センター
URI :http://hdl.handle.net/2298/37064
出現コレクション:熊本大学政策研究
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/37064

 

熊本大学附属図書館電子情報担当