HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
医学 >
発表論文(医学系) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
JANS36_147-155.pdf1835KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :がん患者の抑うつ状態に対する精神看護専門看護師によるケアの効果 : 無作為化比較試験による検討
著者 :野末, 聖香
宇佐美, しおり
福田, 紀子
桑原, 武夫
石井, 美智子
福嶋, 好重
林田, 由美子
安藤, 幸子
上野, 恭子
下川, 恒生
刊行年月日 :2016
収録雑誌名 :日本看護科学会誌
巻 :36
開始ページ :147
終了ページ :155
要約(Abstract) :Purpose:The purpose of this study was to determine the effect of intervention by certified nurse specialist in psychiatric mental health nursing(PMHCNS)on depressive cancer patients. Method:The randomized controlled trial design was used.Inpatients from three hospitals were randomly allocated into the intervention(n=34)or control group(n=37). Participants in the former group received PMHCNS intervention while control participants were given a booklet about self-management of depressive symptoms.The primary outcome was scores of depression evaluated on the patient Health Questionnaire(PHQ)-9 scale before and after intervention. Results:PHQ-9 scores improved in both groups.As a result of 2-way ANOVA,there were significant interaction effects between the intervention and time in the scores.Conclusion:The result of the study provided evidence to support that PMHCNS intervention improves depression.
目的:がん患者の抑うつ状態を改善するためのケア・パッケージを用いた精神看護専門看護師による介入の効果を検討する. 方法:造血器腫瘍あるいは肺がんの診断を受け,化学療法目的で入院した患者を対象とした.うつ尺度(PHQ-9)によるスクリーニングで軽度から中等度の抑うつ状態にある対象者を介入群(n=34)と対照群(n=37)の2群に無作為に割り付けた.介入群には1回30分以上,週2回,合計4回の個別面接を実施し,対照群には心理教育パンフレットを手渡して,介入/観察前後の2時点で無作為化比較試験による評価を行った. 結果:二元配置分散分析の結果,両群とも有意にPHQ-9得点が改善した.加えて介入と時間の交互作用が認められ,介入群の改善度が大きいことが示された.結論:ケア・パッケージを用いた精神看護専門看護師による介入は,がん患者の抑うつ状態の改善度を高めると考えられた.
URL :https://www.jstage.jst.go.jp/article/jans/36/0/36_36147/_article/-char/ja/
収録種別 :雑誌掲載論文
ISSN :02875330
出版社(者) :公益社団法人日本看護科学学会
権利(Rights) :© 2016 公益社団法人日本看護科学学会
URI :http://hdl.handle.net/2298/38141
出現コレクション:発表論文(医学系)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/38141

 

熊本大学附属図書館電子情報担当