HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
教育学 >
熊本大学教育学部紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KKK0066_373-380.pdf1895KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :高度経済成長期における農村生活の「合理化」過程とその帰結 : 家庭科教育と生活改良普及事業を焦点に
著者 :増田, 仁
刊行年月日 :2017-12-19
収録雑誌名 :熊本大学教育学部紀要
巻 :66
開始ページ :373
終了ページ :380
要約(Abstract) :This paper analyzes the practice of Home Economics and Life Improvement in society in rural community during the high-growth period in Japan. Home Economics tried to improve rural lives. But there is some possibility of causing conflicts in family. On the other hand Life Improvement in society promoted ‘rationalization' in rural life. But at group works rural women enjoyed talking unrelated house work. After 1960s many women worked at factory, it was difficult to get together.
収録種別 :紀要論文
ISSN :21881871
出版社(者) :熊本大学
URI :http://hdl.handle.net/2298/38984
出現コレクション:熊本大学教育学部紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/38984

 

熊本大学附属図書館電子情報担当