HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
法学 >
熊本法学 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KLaw0141_179-226.pdf8919KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :平成二八年度法学部研究教育振興会主催シンポジウム : 取調べの可視化をめぐる東アジアの動き
著者 :内籐, 大海
安部, 祥太
陳, 誌泓
石崎, 千景
刊行年月日 :2017-12-7
収録雑誌名 :熊本法学
巻 :141
開始ページ :179
終了ページ :226
要約(Abstract) :【講演内容】「企画趣旨、講師紹介」内藤大海(熊本大学法学部)/「韓国における被疑者取調べ録音・録画-現在地と課題を日本と比べながら」安部祥太(青山学院大学法学部)/「台湾における可視化をめぐる状況」陳誌泓(臺北萬國法律事務所)/「取調べの可視化に関する検討-心理学の観点から」石崎千景(九州国際大学法学部)
収録種別 :紀要論文
ISSN :04528204
出版社(者) :熊本大学
備考 :平成29年1月11日、熊本大学法文棟A1教室において開催。
URI :http://hdl.handle.net/2298/39181
出現コレクション:熊本法学
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/39181

 

熊本大学附属図書館電子情報担当