HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
ありあけ : 熊本大学言語学論集 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
KG0017_027-052.pdf349KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :東北地方の二つの方言の韻律分析 : 「アクセント核はどこから来たか」補説
著者 :児玉, 望
刊行年月日 :2018-3-30
収録雑誌名 :ありあけ 熊本大学言語学論集
巻 :17
開始ページ :27
終了ページ :52
要約(Abstract) :東北方言の言語島として知られる山形県大鳥方言と岩手県中野方言のアクセント体系を談話資料に基づき分析し、前者が昇り核体系への過渡的段階、後者は降り核化し、他地域の昇り核化が及ばなかったものとみて、この地域全体の先行段階が上げ核体系であったことを示す。日本語アクセント分化仮説を示した補図を含む。
収録種別 :紀要論文
ISSN :21861439
出版社(者) :熊本大学文学部言語学研究室
備考 :「アクセント核はどこから来たか」は『ありあけ 熊本大学言語学論集』第16号に掲載されています。関連(36781)を参照。
URI :http://hdl.handle.net/2298/39442
関連 :http://hdl.handle.net/2298/36781
出現コレクション:ありあけ : 熊本大学言語学論集
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/39442

 

熊本大学附属図書館電子情報担当