HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要 >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
SR0012_006-027.pdf2290KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :理由の規範性によって義務を捉えることはできるのか : スキャンロンの議論を理由中心主義の観点から評価する
著者 :安倍, 里美
刊行年月日 :2018-3-31
収録雑誌名 :先端倫理研究
巻 :12
開始ページ :6
終了ページ :27
要約(Abstract) :Though duty is generally regarded as a normative entity of special binding power, there seems to be a difference between what we have most reason to do all-things-considered and what we obligated to do. T. M. Scanlon has offered an argument aimed to show that the primacy of reasons for obligatory actions and this difference can be accounted from the point of view of reasons-centrism without introducing any independent factors which play a role as a kind of bar on normative requirement of reasons. In this paper I will examine it and point that his argument ends up facing a serious dilemma.
収録種別 :紀要論文
ISSN :18807879
出版社(者) :熊本大学
備考 :【著者所属】京都大学大学院文学研究科
URI :http://hdl.handle.net/2298/39555
出現コレクション:先端倫理研究 : 熊本大学倫理学研究室紀要
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/39555

 

熊本大学附属図書館電子情報担当