HOME   English    

Kumamoto University Repository System >
文学 >
発表論文(文学) >

 

登録ファイル

ファイル 記述 サイズフォーマット
JJAPS22_21-26.pdf1983KbAdobe PDF見る/開く
タイトル :言語論的転回 : ラッセル判断理論とウィトゲンシュタイン
著者 :大辻, 正晴
刊行年月日 :1994
収録雑誌名 :科学基礎論研究
巻 :22
号 :1
開始ページ :21
終了ページ :26
要約(Abstract) :1913年、ウィトゲンシュタインは、師ラッセルの所謂「判断の多項関係理論(multiple relation theory of judgement)」に対して、ある批判を行った。ラッセルはこの批判によって絶大な打撃を受け、認識論における主著たらしむべく執筆中であった『知識の理論』(R4)を、中途で放棄するに至ったのである。私は本稿で、従来明瞭と言い難かったこの批判の眼目について、一つの新しい解釈を提出したい。そしてラッセルの失敗の原因を考察し、件の批判において示されている、思考法のある転換を明確にしたい。
URL :https://www.jstage.jst.go.jp/article/kisoron1954/22/1/22_1_21/_article/-char/ja
収録種別 :雑誌掲載論文
ISSN :00227668
出版社(者) :科学基礎論学会
権利(Rights) :科学基礎論学会
備考 :本文中に修正あり
URI :http://hdl.handle.net/2298/39661
出現コレクション:発表論文(文学)
このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/2298/39661

 

熊本大学附属図書館電子情報担当