HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Science >
Journal Article (Sciende) >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
10_Aegista-trochula_minato_4.pdf8705KbAdobe PDFView/Open
Title :ツシマケマイマイの熊本からの新記録
Authors :湊, 宏
西野, 宏
松本, 達也
Issue Date :Dec-2018
Citation jtitle :南紀生物
vol. :60
no. :2
start page :204
end page :206
Abstract :ツシマケマイマイ Aegista(Neoaegista) trochula( A. ADAMS,1868)のタイプ産地は長崎県対馬である(ADAMS, 1868)が,これまでも九州では長崎市内とその周辺地 域、福岡市内などで記録されている(東,1955;湊 ほか, 1996;川内野,2015)。著者の湊は,共著者の西野が 2015年5月16日に熊本市熊本城内樹木園で採集した死 殻と亜成貝の2個体(MC 26295:A.H.8.4 x B15.7mm;B. H.8.3 × 14.9mm)を保存している。その内,亜成貝(MC 26295-A)は生殖器が十分成熟しておらず,生殖器での 観察ができなかった。 この度,著者の一人の松本が2018年5月26日に熊本 城内樹木園で本種の生貝(1個体)を採集して,西野を 経て湊にその標本が届けられた。湊は生殖器を摘出して 確実に本種と確認したので,本稿では川内野(2015)の 紹介に加えて,熊本城の個体群を新分布地としてここに 報告する。
URL :http://nankiseibutu.jp/
Type Local :雑誌掲載論文
ISSN :03897842
Publisher :南紀生物同好会
Rights :南紀生物同好会
URI :http://hdl.handle.net/2298/41402
Appears in Collections:Journal Article (Sciende)
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/41402