HOME   Japanese    

Kumamoto University Repository System >
Letters >
Ariake : Kumamoto University linguistic papers >

 

Files in This Item:

File Description SizeFormat
19-02.pdf421KbAdobe PDFView/Open
Title :無核ノ付き形のピッチアクセント方言への継承
Authors :児玉, 望
Issue Date :26-Mar-2019
Citation jtitle :ありあけ 熊本大学言語学論集
vol. :18
start page :29
end page :80
Abstract :東京方言語末核語や京都方言高起次末核語で知られている格助詞ノが接続した場合の無核のピッチ形について、ピッチアクセント祖体系に残存した日本語祖体系の語声調的な助詞融合形に遡りうることを論じ、その根拠として、『全国方言資料』のピッチアクセント方言諸体系の談話音声資料に見いだされるその継承形をリストアップする。
URL :http://lg.let.kumamoto-u.ac.jp/ariake/19-02.pdf
Type Local :紀要論文
ISSN :21861439
Publisher :熊本大学文学部言語学研究室
URI :http://hdl.handle.net/2298/42084
Appears in Collections:Ariake : Kumamoto University linguistic papers
Please use this identifier to cite or link to this item: http://hdl.handle.net/2298/42084