HOME   Japanese    

Search:All of DSpace

(収録種別:発表論文) is hit count [1404].
Results 61-70.
 

previous 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 next 

61 面的要素に着目した遺跡・遺構部材の測量方法 / 中村, 裕文,林田, 義伸,吉武, 隆一 -- 社団法人 日本建築学会1-Mar-2003 日本建築学会研究報告. 九州支部. 3, 計画系 Vol.42 p.553-556 雑誌掲載論文
62 地中海古代都市の研究(108) : メッセネのギムナシオンのストア調査2000(2) : 立面復元試案 / 林田, 義伸,伊藤, 重剛,冨尾, 佑子,武田, 明純,吉武, 隆一,島田, 啓 -- 社団法人 日本建築学会1-Mar-2001 日本建築学会研究報告. 九州支部. 3, 計画系 Vol.40 p.541-540 雑誌掲載論文
63 中性子単色化用Cu単結晶の結晶性向上に関する技術的工夫 / 戸澤, 慎一郎,宍戸, 統悦,湯葢, 邦夫,平賀, 晴弘,大山, 研司,山口, 泰男,山田, 和芳 -- 熊本大学工学部技術部17-Mar-2011 発表論文
64 重度障害者のQOL向上を支援する福祉機器の製作・提供 / 今井, 清利 -- 熊本大学工学部技術部17-Mar-2011 発表論文
65 ワークモチベーションの規定要因について : 国立大学事務官の職位を中心とした比較検討 / 野々原, 慎治,戸梶, 亜紀彦 -- 広島大学マネジメント学会Mar-2004 広島大学マネジメント研究 Vol.4 p.113-125 雑誌掲載論文
66 ワークモチベーションに影響を及ぼす要因について : 国立大学事務官を対象として / 野々原, 慎治,戸梶, 亜紀彦 -- 産業・組織心理学会,熊本大学2003 産業・組織心理学会大会発表論文集 Vol.19 p.132-135 雑誌掲載論文
67 Toxico-pharmacological perspective of the Nrf2-Keap1 defense system against oxidative stress in kidney diseases / Saito, Hideyuki -- Elsevier Inc.1-Apr-2013 Biochemical Pharmacology Vol.85 no.7 p.865-872 雑誌掲載論文
68 Thrombin-induced delayed injury involves multiple and distinct signaling pathways in the cerebral cortex and the striatum in organotypic slice cultures / Fujimoto, Shinji,Katsuki, Hiroshi,Kume, Toshiaki,Akaike, Akinori -- Academic PressApr-2006 Neurobiology of Disease Vol.22 no.1 p.130-142 雑誌掲載論文
69 Aminoglutethimide prevents excitotoxic and ischemic injuries in cortical neurons / Shirakawa, Hisashi,Katsuki, Hiroshi,Kume, Toshiaki,Kaneko, Shuji,Akaike, Akinori -- Nature Publishing Group1-Apr-2006 British Journal of Pharmacology Vol.147 no.7 p.729-736 雑誌掲載論文
70 Contribution of endogenous glycine and d-serine to excitotoxic and ischemic cell death in rat cerebrocortical slice cultures / Katsuki, Hiroshi,Watanabe, Yoshinori,Fujimoto, Shinji,Kume, Toshiaki,Akaike, Akinori -- Elsevier Inc.9-Aug-2007 Life Sciences Vol.81 no.9 p.740-749 雑誌掲載論文

previous 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 next